Blog

【アドセンス狩り対策】アドセンス合格後すぐに不正クリックの防止をしましょう

こんにちは、しょやです。

Googleアドセンスの審査に合格後は、自身のサイトに広告を表示することになります。

合格したらすぐにでも広告を貼りたくなりますよね。

「ちょっと待ってください!」

その気持ちはわかりますが「アドセンス狩り」という悪質な行為をする人もいます。最悪の場合アカウント停止(無効化)になる事もあります。

他人のいたずら等から自分のアカウントを守るためにも対策を行ってください。

アドセンス狩りとは

アドセンスの広告は広告がクリックされるだけで収益になるクリック報酬型と呼ばれるものです。

クリック報酬型広告

WEBサイトに設置された広告を閲覧者がクリックすることによって広告主が報酬を与えたり、広告掲載側が報酬を得たりする。

そのために【自己クリック】【誰かに依頼してクリックをしてもらう】(応援クリック)といった行為は禁止されています。

自己クリックは自身で気をつければいいだけなのですが、この問題を逆手にとっていたずらに広告を何回もクリックして、アカウント停止(無効化)させる「アドセンス狩り」という悪質な行為があります。

自身のサイトを訪問して来た人であれば【誰でも広告を連打することが出来てしまいます】

はじめてGoogleアドセンスに合格してわからない人は放置してしまいがちのようですが「アドセンス狩り」に合わないためにも必ず下記の対策を行ってください。

不正クリック防止プラグイン「AdSense Invalid Click Protector」

そんな不正クリックを防止してくれるプラグインが「AdSense Invalid Click Protector」

広告のクリック数を監視してくれます。

【一定時間内】に同じ人からの【広告クリック数】が設定値を超えると対象のIPアドレスをBAN扱いにし、そのIPアドレスに【一定時間広告を表示させなくする】というものです。

この時間クリック数、そしてその人に広告を表示させない期間は全て設定で変更が可能です。

「AdSense Invalid Click Protector」をインストールしたら設定画面に移動してください。

不正クリック防止プラグイン「AdSense Invalid Click Protector」の設定

設定画面


Set the Ad Click Limit

一定時間内に広告クリックのできる回数の上限値を設定します。

この設定した回数クリックが超えた時はそのIPアドレスをBAN扱いして広告を表示させないようにします。

デフォルトでは3回に設定されています。


Click Counter Cooke Expiration Time

広告クリックをカウントする時間を設定します。

デフォルトでは3時間に設定されています。


Set the Visitor Ban Duration

BANしたIPアドレスに何日間、広告を表示させないかを設定します。

デフォルトでは7日間に設定されています。


上記3つの設定では

「同IPアドレスから3時間以内に3回以上の広告クリックが発生した時にはそのIPアドレスに7日間の広告は表示させない」

このような設定となります。

GoogleアドセンスとGoogleアナリティクスの連携

この2つの連携をすることによってGoogleアナリティクス側で「Googleアドセンスのクリック数」を確認することが出来ます。

アドセンスのクリックがどの期間にどのぐらいか、どの地域から、どのデバイスで、という分析をすることが出来ます。

異常な不正クリックがないか確認をしましょう。

そして不正なクリックを発見したらGoogleへ不正クリックの報告

アドセンス狩り対策まとめ

今回はアドセンス狩りについてとアドセンス狩り対策のプラグインについての紹介でした。

僕自身最近アドセンスに合格したばかりで【なんとも言えない感動】本当に嬉しかったです。同じようにアドセンスに受かった人がこのような被害に遭わないように今回はこの記事を書きました。

Googleアドセンスを開始したら要注意「ads.txtファイルの問題を修正しよう」と出てくると思いますが、こちらの「ads.txt」の設置も必ず行っておいてください。

「自分の身は自分で守る」

万が一に備えておきましょう。