LIFE

毎日水を飲むことで得られる効果と最適な量【結論:若返りやダイエットにも効果あります】

こんにちは、しょやです。

あなたは毎日水を飲んでいますか?

お酒やジュースなどの飲み物が肥満や心臓病、虫歯などの悪影響を及ぼすことはご存知ですよね。

人間の体は60%が水でできており、人間に水は必要不可欠なものです。

そんな水を毎日飲むことで得られる効果と最適な量を今回は紹介します。

水を飲むことで得られる4つの効果

それでは毎日水を飲むことで得られる効果を4つ紹介します。

若返る

水を飲むことで体内の毒素を排出してくれるため老化を防止することが出来ます。

また身体中に水が行き渡るので肌を潤してくれます。

若々しい見た目でいたいのであれば水を摂りましょう。

痩せる

毎朝、約500mlの水を飲むだけで代謝が24%もアップします。

また、9日間の飲み物を全て水に変えるだけで1日に8kmジョギングするのと同じカロリーを消費することが出来ます。

つまり水をしっかり摂るだけで痩せることが出来るのです。

脳の働きが良くなる

人間の体は60%が水でできていますが、脳は80%が水でできています。

そのため体重の1〜2%程度の軽い脱水症状でも疲れや頭痛、集中力の低下などの症状を感じることがあります。

水を飲むと血液を通って、すぐに脳へ辿り着き集中力を高めることが出来ます。

実際に喉が渇いたと感じた時にはすでに脱水症状に陥っているので日頃からこまめに水分補給をすることで脳の働きも良くなり集中力を高めることが出来ます。

病気のリスクを下げる

毎日水を飲むことで高血圧症、膀胱炎、大腸癌などの様々な病気のリスクを下げることができます。

また、1日に5杯の水を飲むことで心臓発作のリスクを41%も減らせるという研究結果もあります。

1日に水を飲む最適な量は?

男性では1日3リットル

女性では1日2.2リットル

これが水を摂るのに最適な量として推奨されています。

水はとても体に良いものですが飲み過ぎには注意です。

フルーツや野菜にも水分は多く含まれているのでそこまでシビアにならないでおおよその目安として参考にして下さい。

急な空腹には水を飲んでみましょう

人は脳の構造上、喉の渇きを空腹と間違えてしまうことがあります。

もし急な空腹で何か食べたくなっても実際に体が欲しているのはコップ1杯の水かも知れません。

そんな時には何か食べる前にぜひ水を飲んでみて下さい。

これが結構効きます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

水を飲むようにするだけでこれほど良い効果がたくさんあります。

まとめとなりましたが最後にもう1つ

水は身体だけでなくお財布にも優しいですね。

普段飲んでいるお酒やジュースと比べると量も多いのに値段が安い。

お酒やジュースが美味しくて欲しくなるのもわかるのですが是非日頃の生活に水を摂り入れるようにしてみて下さい。

お水も美味しいですよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Amazonで水を注文するにはこちら
ABOUT ME
しょや
amazonのアソシエイトとして、当メディアは適正販売により収益を得ています。